名古屋工業大学 生命・物質工学科 名古屋工業大学 生命・物質工学科
学科長挨拶


平成22年度



第3回オープンキャンパス     New !
2010.11.16更新

11月13日(土)第3回オープンキャンパスが開催されました。本学科への参加者は55名でした。参加者の皆様、どうもありがとうございました。

◎ オープンキャンパス 
・学科紹介(高田主岳 准教授)
・模擬授業:9:40-10:40「混ぜる科学」、講師:加藤 禎人 准教授


学科紹介(高田准教授)
模擬授業(加藤准教授)

模擬授業(加藤准教授)

学科紹介(高田准教授)


■学科長 お礼の言葉:
 名古屋工業大学 生命・物質工学科のオープンキャンパスに、多数のご参加をいただきありがとうございました。来年2011年はキュリー夫人のノーベル化学賞受賞100周年を祝って、国連により「世界化学年」と制定されています。教職員一同もっと化学を前面に出して情報公開をしていこうと考えています。今回のオープンキャンパスでは、研究室見学がありませんでしたが、11月19日・20日の工大際では研究室公開するところもあります。ぜひ、ご参加ください。オープンキャンパスは来年も、3回予定されています。 生命・物質工学科は、今回の研究紹介でおそらく感じられたように、単なる化学ではなく、幅広い化学関連分野にわたっています。何度でも参加して新たな発見をして下さい。

生命・物質工学科 多賀 圭次郎





第2回オープンキャンパス     
2010.8.20更新

8月3日(火)第2回オープンキャンパスが開催されました。参加者は189名でした。詳細はこちらをご覧下さい。

◎ オープンキャンパス 学科紹介、ラボツアー
  午前の部:9:40-11:40
  ネームプレート配布  
  学科紹介、模擬講義(猪股教授)
  ラボツアー
  アンケート記入、ネームプレート回収  
  
  午後の部:13:00-15:00
  ネームプレート配布  
  学科紹介、模擬講義(多賀教授)
  ラボツアー
  アンケート記入、ネームプレート回収  
           

模擬講義(猪股教授)
模擬講義(多賀教授)

模擬講義(猪股教授)

模擬講義(多賀教授)

ラボツアーの様子

ラボツアーの様子


■学科長 お礼の言葉:
 猛暑の中、多くの皆様に参加していただいたことに感謝申し上げます。皆様が生命・物質工学科に、興味を持っていただいていることに、教職員一同、心強く思い、今後一層頑張ろうとの気持ちを強くいたしました。時間の都合で、見学された研究室が限られたことを大変心苦しく思っています。今後、アンケートでいただいたご意見を参考に、短い時間の中でもより多くの方に新しい発見や理解をもっていただけるよう、また、よりよいオープンキャンパスにして行きたいと考えております。  生命・物質工学科は幅広い学問分野から構成されていて、化学に興味を持った人にとって多くを学ぶことのできる学科であると信じています。次回オープンキャンパスは11月13日(土)に予定されています。今回ご紹介できなかった研究室が見学できるかと思いますので、新たに生命・物質工学科に興味を持っていただいた方、また、まだ名工大を訪れたことのない方の参加をお待ちしております。

生命・物質工学科 多賀 圭次郎

■アンケート結果
 アンケートの詳細はこちらをご覧下さい。









第1回オープンキャンパス + 公開講座     
2010.7.22更新

6月19日(土)第1回オープンキャンパス・公開講座が開催されました。参加者は70名でした。

◎ オープンキャンパス 学科紹介、ラボツアー
  9:30−9:50 ネームプレート配布、学科紹介(山村 初雄 教授)
  9:55−10:35 ラボツアー第1回  
  10:40−10:55 アンケート記入、ネームプレート回収
  11:10−11:30 ネームプレート配布、学科紹介(山村 初雄 教授)
  11:35−12:15 ラボツアー第2回  
  12:20−12:35 アンケート記入、ネームプレート回収
             

学科説明風景
ラボツアーの様子その1

学科説明風景

ラボツアーの様子その1

ラボツアーの様子その2
ラボツアーの様子その3

ラボツアーの様子その2

ラボツアーの様子その3


◎ 公開講座
■テーマ  「化学の可能性」ー豊かで幸せな社会の実現に向けてー

 1「生体をまねるプラスチック」 稲井嘉人 教授
 2「プラスチックを作るための環境に優しい化学」高須昭則 准教授
 3「医薬品とプラスチック」高木 繁 教授
 

公開講座の様子その1
公開講座の様子その2

公開講座の様子その1

公開講座の様子その2

公開講座の様子その3

公開講座の様子その3



■学科長 お礼の言葉:
 名古屋工業大学 生命・名古屋工業大学 生命・物質工学科のオープンキャンパスに、ご参加いただきましたことに感謝申し上げます。また、いろいろな研究室を熱心に見学されましたことに、学科教職員一同、心より御礼申し上げます。オープンキャンパスは、今後も、8月3日、11月13日に予定されています。見学されておわかりのように、生命・物質工学科の研究テーマは、奥が深いだけでなく、幅広い分野にまたがっています。これからも何度も参加して、新たな夢を発見して下さい。

生命・物質工学科 多賀 圭次郎

■アンケート結果
 「生命・物質工学科が何をしているところかだいたいわかった」、「実際に研究室の実験が見れて感動した」、などの感想が寄せられました。アンケートの詳細はこちらをご覧下さい。





平成21年度

第3回オープンキャンパス + 公開講座     
2009.11.19更新

11月14日(土)第3回オープンキャンパス・公開講座が開催されました。参加者は午前22名,午後19名でした。高校生・保護者を始め多くの皆様にご参加いただき,ありがとうございました。

◎ オープンキャンパス 学科説明、模擬講義
  9:40−10:00 ネームプレート配布、学科紹介
               樋口 真弘 教授
 10:00−10:40 模擬講義「身の回りの化学」  
               多賀 圭次郎 教授

樋口教授の学科説明風景
多賀教授模擬講義風景

樋口教授の学科説明風景

多賀教授の模擬講義風景


◎ 公開講座
■テーマ  ポリマーサイエンスのフロンティア「ポリマーエレクトロニクスから緑色蛍光タンパク質まで」

 13:30−13:55 「ポリマーエレクトロニクス」 青木 純 准教授
 13:55−14:20 「ハイドロゲルって知ってますか?」 山下 啓司 教授
 14:20−14:45 「エラストマー」 奥 淳一 准教授
 14:45−15:00   休憩
 15:00−15:25 「ドラッグデリバリーシステム
              〜分子の積み木でガンを治すサイエンス&テクノロジー〜」 出羽 毅久 准教授
 15:25−15:50 「光合成タンパク質の光機能を見る」 南後 守 教授
 15:50−16:15 「緑色蛍光タンパク質」 田中 俊樹 教授、水野 稔久 助教

奥准教授の講義風景
田中 俊樹 教授、水野 稔久 助教の実験風景

奥准教授の講義風景

田中教授、水野助教の実験風景



■学科長 お礼の言葉:
 名古屋工業大学 生命・物質工学科のオープンキャンパスに、ご参加を頂きただき有り難うございました。あいにくの天気でお足もとの悪い中、多数のご参加いただき、教職員一同感謝致しております。今回のオープンキャンパスでは、研究室見学がございませんでしたが、11月22日・23日の工大際では研究室見学が予定されています。ぜひ、ご参加ください。オープンキャンパスは来年も、3回予定されています。 生命・物質工学科は奥が深いだけでなく幅広い分野にまたがっています。何度でも参加して新たな発見をして下さい。

生命・物質工学科 樋口 真弘

■アンケート結果
 「学科説明がとてもわかりやすかった」、「化学の面白さを体感しました」、「入学したいという気持ちが強まりました」、などの感想が寄せられました。アンケートの詳細はこちらをご覧下さい。



第2回オープンキャンパス
2009.8.18更新

8月4日(火)に第2回オープンキャンパスが開催されました。参加者は163名でした。

 「午前の部」(9:30−11:30)
   (1)「学科の説明」大谷 肇 教授(20分)
   (2)「模擬授業:分子を操って機能を創る -働く高分子の世界-」(鈴木 将人 教授) (30分)
   (3)「研究室見学」(70分)

大谷教授の学科説明風景
鈴木教授の模擬授業風景

大谷教授の学科説明風景

鈴木教授の模擬授業風景


 「午後の部」(13:10−15:10)
   (1)「学科の説明」多賀 圭次郎 教授(20分)
   (2)「模擬授業:トウモロコシから生分解性プラスチックを作る」(山下 啓司 教授) (30分)
   (3)「研究室見学」(70分)

多賀教授の学科説明風景
山下教授の模擬授業風景

多賀教授の学科説明風景

山下教授の模擬授業風景

■学科長 お礼の言葉:
 猛暑の中、大勢の皆様に参加をいただき、ありがとうございました。皆様が生命・物質工学科に興味をもっていただけたことは、教職員一同、心強く思い、今後一層頑張ろうとの気持ちを強くいたしました。時間の都合で、見学していただいた研究室が限られたこと等、心苦しく思っております。いただいた意見を参考に、短い時間の中でもより多くの方に新しい発見、そして理解していただけるよう、より良いオープンキャンパスにしていきたいと考えております。
 生命・物質工学科は幅広い学問分野から構成されていて、化学に興味をもった人にとって多くを学ぶことのできる学科であると信じております。次回のオープンキャンパス、公開講座は11月14日(土)に予定されております。今回興味をもっていただいた方はもちろんのこと、まだ名工大を訪れたことのない方の参加もお待ちしております。  

生命・物質工学科  樋口 真弘


■アンケート結果
 「学科で学べる内容が詳しくわかった(学科説明)」、「身近なものについて化学的に見るきっかけになった(模擬講義)」、「研究室の様子や実験を生で感じれて楽しそうだなって思った(研究室見学)」などの感想が寄せられました。アンケートの詳細はこちらをご覧下さい。


 次回は11月14日(土)に予定されています。また、これに併せて公開講座も開催します。今回参加できなかった方のご来訪をお待ちしています。詳しくは本ホームページ等でご案内する予定です。


第1回オープンキャンパス
2009.6.21更新

平成21年度第1回目のオープンキャンパスが6月13日(土)に開催されました。参加者は54名でした。高校生・保護者の方を始め多くの皆様にご参加いただき,ありがとうございました。


樋口教授の学科説明風景
ラボツアー風景1

樋口教授の学科説明風景

ラボツアー風景1

ラボツアー風景2
ラボツアー風景3

ラボツアー風景2

ラボツアー風景3

■学科長 お礼の言葉:
 名古屋工業大学 生命・物質工学科のオープンキャンパスにご参加を頂きただき有り難うございました。梅雨入りで天候を心配しておりましたが,多数のご参加いただくとともに,熱心に研究室を見学していただき,教職員一同感謝いたしております。オープン キャンパスはこれから先,8月4日,11月14日に予定されております。 生命・物質工学科は奥が深いだけでなく 幅広い分野にまたがっております。何度でも参加して新たな発見をして下さい。

生命・物質工学科  樋口 真弘


■アンケート結果
 「自分もここで研究したいという意欲がわきました」、「前から名工大に入りたいと思っていたが、さらにその気持ちが強くなった」、「実際に研究室を見て、今度の大学選びの良い判断材料になった」などの感想が寄せられました。アンケートの詳細はこちらをご覧下さい。