名古屋工業大学 生命・物質工学科 名古屋工業大学 生命・物質工学科
学科長挨拶



生命・物質工学科は「化学」をベースとして,物質化学の探求のみならず,生命機能や生体材料を研究・開発するための基礎知識と技術を学び,食糧問題,エネルギー問題や環境問題など,人類が直面する様々な社会的問題を解決し,持続可能な社会の実現,並びに人類・地球を豊かにする,工学的視野の広い技術者及び研究者となる人材を育成することを教育目標としています。
◎ 新着情報 (2/7)トップページを更新しました。


物質の構造と性質の関係を分子レベルで理解し,実際の「ものづくり」に活かすことができるような知識と技術を学びます。具体的には,優れた機能を有する化学物質を理論的にデザインし,実験的に合成し,その物性や機能を解析・評価できるようにします。習得した先端科学技術を活用して「ものづくり」を推進するとともに,エネルギー・環境問題などにも主体的に取り組める人材を育成します。

生命現象の基盤である化学反応を分子レベルで解明し,その知見をもとに生命機能を制御・再生するシステムの創製について学びます。さらに,分子論的立場から,生命現象の高効率物質生産,省エネルギープロセス,情報伝達・変換,革新的医療などの分野へ工学的に応用するための知識,技術,方法論を学びます。これらを習得し,人類の幸福と持続可能な社会を目指した科学技術の発展に貢献できる人材を育成します。

生体物質の精密に合成・設計された構造と,目的に合致した機能・物性の発現との相関を理解することにより,生命や生体の機能を支援・模倣する様々な材料システムについて学びます。ソフトマテリアル(有機・高分子材料)の合成,物性,機能についての専門的知識をベースに,人々の暮らしや生命支援に関わる材料創製への工学的応用ができる人材を育成します。

2008.2.7 更新